・公開講座「ルビコンを考える」

小貫 大輔 神田 誠一郎 冠木 友紀子 

・ シュタイナー学校教員募集ガイダンス

思春期へ向かう子どもたちをどう見守るか

ルビコンを考える

今回の公開講座ではシュタイナー教育でいうところの『9歳の危機』を取り上げます。子ども時代から思春期〜と大人へと向かう子どもたちのからだという側面から、東海大学教授の小貫大輔さんには講義を、楠の木学園学園長の神田誠一郎さんにはからだを動かしながらのワークショップを通じて、今の時代の子どもたちがどう大人への階段を上っているのかを見て行きたいと思います。

※開始時間等の変更のお知らせ※

10月に配布いたしましたチラシ記載のタイムスケジュールは、運営の都合上、講座の順序・開始時間を変更させていただきました。詳細は下記の内容をご覧ください。お間違えのないよう何卒よろしくお願い致します。


 

10:15~11:45

※チラシ記載の10:30開始から15分早く開始いたします。

今の思春期の子どもたちとともに動くとは 

講師:神田 誠一郎  

頭とからだをつなげるブレインジムのエクササイズは、誰にでも取組める方法です。発達障害や不登校の子どもたちが通うフリースクールで教壇に立っておられる神田誠一郎さんに、日々の実践の中から、魂の器としてのからだのお話を伺います。「まずは大人が元気に!」をモットーに楽しく動きながら元気になりましょう!

 

13:00~14:30

思春期の子ども~平成生まれの子どものルビコン渡り~ 

講師:小貫 大輔

さまざまな情報が氾濫する現代を生きる思春期の子どもたちに対して、からだの自然な成長に添ったすこやかなあり方を、私たちはどのように提示してあげられるでしょうか。ブラジルのアントロポゾフィーの共同体で活動し、ブラジルと日本とさまざまな形で教育に携わられてきた小貫大輔さんに新たな時代の思春期の教育についてお話いただきます。

 

14:45~16:00

トークセッション

講師:小貫 大輔 ・ 冠木 友紀子

 

シュタイナー学校教員募集ガイダンス (16:30~)

シュタイナー学校教員募集ガイダンス教員養成講座にも個々の学校から毎年教員募集の連絡が入り、新旧受講生にアナウンスしています。この度、学校側から直接、説明の場を持って頂く時間を持つ予定です。基本的には新旧教員養成講座受講者を対象にしていますが、ご関心のある方はご参加下さい。

以下は詳細予定
□■□16:30~17:15
各校の学校紹介
□■□17:15~17:45
全体での質疑応答
□■□17:45~18:00
各校に分かれての質疑応答

参加団体

京田辺シュタイナー学校 様

シュタイナー学園 様

横浜シュタイナー学園 様

 

日 時 2013年11月30日(土) 10:15 ~ 16:00
会 場アウディオペーデ研修センター
参加費 一般 7,000 円
当講座受講生・卒業生 5,000 円
定 員40名(定員になり次第受付締切)
申込みメール・FAX・電話にてお申し込み下さい。
ガイダンス参加希望の旨も同時にお知らせください。
問合せシュタイナー教育教員養成講座運営会
電話:03-6869-2196 FAX:03-6369-3898
Email: kyouinyousei@gmail.com

 

講師プロフィール〜

 

小貫 大輔

東海大学国際学科教授。CRI-チルドレンズ・リソース・インターナショナル代表運営委員。1988年にブラジルに渡り、モンチアズールというスラム街で、シュタイナー思想に基づいたコミュニティ活動や、自然分娩・母乳育児推進・子育て支援などのプロジェクトを実施してきた。2006年に帰国後は、大学で国際協力について教える傍ら、在日外国人の子どもの教育を改善する活動に取り組んでいる。

 

神田 誠一郎

東京学芸大学教育学部卒。 1985~89年ドイツ ・ シュトゥットガルト市でシュタイナー学校体育教師養成課程に学ぶ。 現在フリースクール横浜 ・ 楠の木学園学園長。 2007 年より ブレインジム、 タッチフォーヘルスのインストラクター